Rubyを2.2.1にアップデート&便利なrbenv pluginを入れた

ruby2.2.1がリリースされたので会社のMacとプライベートのMacに早速インストールしてみた
実は会社とプライベートでrbenvの環境が違っていたのでメモ。

あと、会社の先輩から超絶便利なrbenv pluginを教えていただいたので、それもメモしました!

会社のMac

会社のMacはrbenvがbrew管理になっていたので、ちょっとめんどくさかった。
(あとでgitに移行する)

こちらを参考にさせていただきました。

コマンドは以下

1
2
3
$ brew udpate
$ brew upgrade ruby-build
$ rbenv install 2.2.1

プライベートのPC

プライベートはGit管理になっているので、ちょっと楽でした。
コマンドは以下

1
2
3
$ cd ~/.rbenv/plugins/ruby-build
$ git pull origin master
$ rbenv install 2.2.1

実はもっと楽な方法があった…!

会社の先輩から、ステマブログを紹介いただいた。

入れたプラグインは以下

各プラグインはgit cloneで、rbenv/plugin以下に配置する

1
2
$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv-default-gems.git ~/.rbenv/plugins/rbenv-default-gems
$ git clone https://github.com/rkh/rbenv-update.git ~/.rbenv/plugins/rbenv-update

rbenv-default-gems

私が最も感動したplugin
これは、毎度新しいバージョンのrubyをインストールするときに、デフォルトでgemを入れてくれるというもの。
使い方は、~/.rbenv/default-gemsに入れたいプラグインを羅列するだけ!

1
2
3
4
5
6
$ touch ~/.rbenv/default-gems
$ echo 'bundler' >> ~/.rbenv/default-gems
$ echo 'pry' >> ~/.rbenv/default-gems
$ cat ~/.rbenv/default-gems
bundler
pry

となります!

rbenv-update

これは、rubyをアップデートする際のコマンドを減らせるpluginです(3回→2回になります)

1
2
$ rbenv update
$ rbenv install 2.2.1

これだけで済むようになります。
便利!!!