FUNで就活する

FUN Advent Calendar 2015の19日目です。
就活について書きます。

今、大学生は就活まっただ中ですね!

FUNのみなさんは就活順調ですか??

12月のこの時期に就職活動をすると、他大学の学生と関わることもあるかと思います。
そして、逆求人とかグループディスカッションとか参加して、他の学生と関わってみると、他大学の学生の優秀さに焦ることがあると思います。

そこで、実際に働いてみて、未来大の学生のこの部分は他の学生と違うなというところをお話したいと思います。

私が思うに就職活動とは、企業が優秀な学生をとるとか、学生がものすごく良い会社に入るとかそういうものではないと思っています。
その人がどんな風に働きたい、働くのかと、企業はどんな人に働いて欲しいかのマッチングだと思います。
それがお互いにマッチしていると、会社としても嬉しいですし、働く人にとっても嬉しいからです。

そんな中で未来大の学生が自己アピールするならば、「プロジェクト学習」でやってきたことをアピールすればいいと思います。
結構よく言われて、ベタかもしれません。
ただ、実際に他大学の学生と関わってみて感じたことなのですが、複数人とチームを組んで開発したりすることって学生のうちは中々機会がないと思います。
未来大ではそれをプロジェクト学習という必修の授業で行うので、それだけでアピールできるアドバンテージになると思ってます。

企業側からすれば、そのチームで開発なり仕事なりするときにその人がどういう働き方をするのかというのが説明されると、イメージが湧きやすいです。
なので、自己アピールで困った人はプロジェクト学習で自分が何をしてきたのかを話せばいいかなと思います。

プロジェクト学習で何もしてきてない!どうしよう?

そんなはずはない!!!!!(と思う。多分)

ただ単に思い出せない、忘れてるだけだと思います(ホントに何もしてないなら単位を落とすはずなんでw)
別にリーダーで活躍したとかじゃなくてもいいんです。どんな些細な事でも私は良いと思っています。
自分自身がプロジェクト学習のチームの中で、どういう行動をするのかというエピソードと、どういう考えを持ってそういう行動をしたのかといったことをありのままに話せばいいと思います。

それで落とされても、落ち込むことはないです。ただ単にその会社とソリが合わなかっただけなんです。
きっとその会社で働いても働き方が合わずに辞めることになると思います。きっと。
でも、自分がどういう人なのかを説明できないまま落とされるのはもったいないと思います。

ぜひプロジェクト学習で、自分はどういう立ち回りをしてきたのかを1年間振り返ってみるのはいかがでしょうか。
実りのある良い就活をできることを祈っています!