結局pairsは出会いの場を提供しているだけである

カノジョできないエンジニア Advent Calendar 2016の3日目の記事です。
昨日はServerman@VPSでOpenVPNを作ってくれるbashでした。
連日techな話を踏まえた記事があがっていますが、そんなの関係ねぇ!!!!!!!!!
もう私は振り切って、出会い系アプリってぶっちゃけどうなん?という話しかしないです。

ちなみに昨年も 出会い系アプリを使っても彼女ができない件 という内容で投稿しており、その第二弾、続きです。

なぜ昨年と同じネタで今年も投稿しているのか!!!!!!!!!!!
察してください。

とはいえ、あの記事を書いた後に私、実はpairsで彼女ができたんです。
今回はその経緯をまとめるのと、今どうなのか。
そしてpairsを使っている女性に物申す!!!!!!!!!!
ということを書きたいと思います。
割りとこのビックリマークの感じでいくので、辛い人はそっ閉じしてください。
あと、途中気持ち悪い発言も含まれますので、気分の悪くなった方は遠慮なくご退場ください

1月に pairs で彼女ができました

この場を借りてエウレカ様にはお礼を申し上げます。
ありがとうございましたッ!!!!!!!!!!!!!!

(エウレカ様にひとつ物申したいのは、3ヶ月以上のプランだと安くなるのはいいのですが、その期間内で彼女ができてしまうと逆にもったいないなと思いました。二股しろというのですかね…。)

昨年、初対面の人と話すのは苦手なので、共通の趣味で仲良くなろう的なことを書いてます。
出会い系アプリを使っても彼女ができない件の「じゃあどうするか」参照

その後の経緯を話すと、ボルダリングの後、映画は観に行きました。楽しかったです。
年末年始は実家に帰っていたので特に会ったりとかはしなかったのですが、年明けから少しして二人で初詣に行くことになりました。

実はその前に、忘年会などで会社の先輩などに彼女欲しいと相談していて、
「そんなにご飯いったりとかしてるなら、脈あるよ。いけるいける(๑•̀ㅂ•́)و✧」
と言われました(5回くらいご飯行ってた)
なのでその初詣のときに、告白しようと決めました。純粋ですね。

初詣はお昼に湯島天神へ行き、おみくじを引いて甘酒飲んでまったりしてました(おみくじは小吉)
その後にたいやき食べて、お互い猫が好きだったので猫カフェに行きました。その時の彼女の猫の扱いが上手くて羨ましかったのを覚えています。
(私も上手く扱われたいなどとは決して思ってませんよ?)

余談
ちなみにお世話になった pairs ですが、彼女ができたのでもちろん退会しました。
退会する際、理由を聞かれたので「彼女ができたので」と回答したら、カップル専用アプリのCouplesをすすめられました。
さすがエウレカ様ですねといった感じですが、ダウンロードはしてません。LINEでいいっしょ。みたいな感じです。

で、なんだかんだしてたら帰り際になり、告白するタイミングを失ってしまったのですが、最後、駅のホームで呼び止めて告白しました。
少し間が空いた後に、OKと言われてそのときはめちゃくちゃテンションが上がりました\\\٩( ‘ω’ )و ////

そこからは普通に土日のお休みでデートに行ったり、職場と大学(ちなみに相手は院後期のドクターでした)が近かったのでランチ行ったりしました。
とはいえ、ほぼ私がお金を払っていたので、その時のお金の飛び様は半端なかったです(実は借金もしてました)

今どうなのか

はい。今この記事を書いているということは彼女はいないです。半年で彼女と別れました。
ので、懲りずにまた pairs の有料会員登録をしております。
コミュ力は相変わらずですが、昨年と変えたのはいいねを送りまくってとにかく接触の数を増やそうとしました。
常に最低2人以上とは何かしら会話してるような状態をずっと維持しています。
意外と、メッセージが返ってくるのは遅いのでそこまで負担にはならないです(1日一やり取り程度)
それも、1年も経つと女性の会員数が圧倒的に多くなった印象があるので、好みのタイプの女性も多く、いいねを押しやすくなってます。
ちなみに好みのタイプは、武田玲奈さんみたいな黒髪ショートの色白で笑顔が似合う人です!!!!!!!!!!!!

あぁ…かわいい…

なぜ彼女と別れることになったのか

別にどっちかが浮気したとかそんなことではないです。
そもそも、付き合い始めから気持ちのズレがあったんです。

pairs は基本的に登録は無料です。
ただし、男性と女性で機能面で圧倒的に違いがあります。

メッセージの交換をするには男性は有料会員登録をする必要があります。

そう、こちらはお金を払うくらいの気持ちで恋人を探していますが、女性は無料なので、そこまで本気じゃない人の方が多いんです。
元カノもそんなケースでした。
付き合ったのも、「好きになるかもしれない」という謎の気持ちがあったからというだけで、別に好きだから付き合ったというわけではなかったようです。

最後に伝えたいこと

pairsを使っていて、昔よりも格段に出会い系アプリの信頼度は高くなりました。
有料会員登録は 2 回目ですが、さくらっぽい人は全く見ないです。
使っているユーザさんも徐々に増えています。

「実際会えるの?」って聞かれたら、辛抱強さは必要ですが、私は圧倒的に出会えますよと自信を持って言います(なんか胡散臭さすごいですが)
後は会ってみて話してみて合うかどうかだと思います。

実際の私の今年の戦績ですが、3ヶ月間使用で 100 いいね以上押して(中には特別いいねみたいなのも送り、) 12 人の人とマッチングに成功しました。
そこからちゃんとメッセージが返ってきたのは半分くらいですね。
そしてLINE交換もして実際に会ったのは 2 人です。
そして片方はパリピ系で合わず、もうひとりは本気で恋人ほしいとは思わないという感じでした。
それでも挫けずに本気で私は彼女が欲しいです。

pairsを使っている女性の中には本気で恋人を探している人もいるかもしれません。
あと、いわゆるやりもく的な人を警戒している人もいるかもしれません
(ちなみに、pairsはいいねをする際に、質問を設けることもできます)

ですが、その他大勢の女性は無料だから試しに登録したという人が圧倒的に多いというのが個人的な印象です。
そう、男性と女性だと本気度のギャップが激しいというのが今年になってやっとわかったことです。
それもプロフやメッセージ交換からは全くその本気度がわからず、会ってから初めてわかる感じですね。

とはいえ最近、ハラスメント的な炎上もいくつか見受けられたので、気をつける必要はありますが。。。
(ちなみに私の記事も気をつけてはいますが、不快に思われるような内容があればご指摘ください)

社会人になって圧倒的に出会いの場は少なくなっている中、エウレカ様は出会える場を提供していただいていますが、実際はそれだけなんです。
本気で恋愛したい人にとっては、その提供された場でも辛いものはあるなという感想です。

でも挫けずに頑張ります、来年こそは!!!!!

明日は「孤独と寄り添うエンジニアはリア充の可能性が微粒子レベルで存在している」です。